子連れの離婚について

離婚はしない方が良いに決まっています。しかし、離婚をした方が幸せになると確信した時は、正々堂々と新しい人生を選んでください。可愛いお子さんとの幸せのために、胸を張って前進しましょう。あなたは、一人ぼっちではありません、多くの人たちが応援してくれます。

子連れ離婚で後悔しないための新生活の迎え方は

離婚後の子どもの質問に答えましょう

離婚後の子どもの質問に答えましょう

●「何でうちにはパパがいないの?どうして離婚したの?」

これは、離婚後に子どもに聞かれて最も戸惑う質問ですね。

子どもに離婚や父親がいないことを伝える際には、伝え方や話しの内容が大切なのではなく、伝える際の時の気持ちが何より大切です。

近い人の言葉は感情が8割で意味は2割ぐらいで伝わります。

遠い関係の場合はその逆です。夫婦喧嘩をイメージするとわかると思います。

夫が言っている内容よりも感情の方が先に伝わって来ると思います。

親子は夫婦と同じように近い関係なので、言葉の意味よりも、その時の感情がストレートに伝わります。 (さらに…)

自分を元気にする自分自身が行なうカウンセリング

自分を元気にする自分自身が行なうカウンセリング

●悩んだ時にスイッチの切り替えをします

離婚前後で悩んだ時は、早めに自分自身で元気にするためのカウンセリングに取り組んでみてください。

この自分自身で行なうカウンセリングは、まず、悲しい気持ち、困った出来事、上手くいかない人間関係などは、自分自身で選んでいるということに気が付いてもらうことからスタートします。

落ち込んだり、苦しくなったり、悲しくなったりするのは、あなた自身がその気持ちを選んでいます。

ですからこの選択を選ばないようにできれば楽に生きられます。

こういうと何か簡単なような気がしますが、人は悩んでいる時には往々にして人のせいにしたり、起きてしまった出来事のせいにします。 (さらに…)

悩み相談のあれこれ

悩み相談のあれこれ

(1)離婚ブルーをどう乗り切るのか

離婚ブルーとは、離婚が成立して2~3ヵ月経った頃に、急にすべてを失ってしまった空虚な気持ちに支配されることがあり、この状態をいいます。

離婚は非常に労力と強い精神力が必要です。

無我夢中で頑張って、離婚後も様々な手続きがあり、息つく暇もありません。

離婚のすべてが終わって、やっと一息つける頃に人それぞれ大なり小なりウツ状態が訪れます。

多くの方が経験していることですが、時が過ぎれば何事もなかったように元気になります。

誰もが通る道だと考えて、楽に構えて通りすぎるのを耐え過ごしてください。

どうしても耐えられない場合は、カウンセリングを受けるのも良いでしょう。

また、一時的なことですから仲間と情報交換したりなどしながら、愚痴を吐き出して上手に乗り越えてください。 (さらに…)