子連れの離婚について

離婚はしない方が良いに決まっています。しかし、離婚をした方が幸せになると確信した時は、正々堂々と新しい人生を選んでください。可愛いお子さんとの幸せのために、胸を張って前進しましょう。あなたは、一人ぼっちではありません、多くの人たちが応援してくれます。

離婚時の年金分割について

離婚時の年金分割について

離婚時の年金分割について

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年4月以降「離婚時の厚生年金分割制度」がスタートし、夫の厚生年金支払分の最大2分の1を、離婚時の話し合いにより妻が受け取れることができるようになりました。

また、2008年4月以降の離婚分割(3号分割)では、被扶養配偶者(第3号被保険者、いわゆるサラリーマンの妻)を有する第2号被保険者(厚生年金を天引きされているサラリーマン)が負担した保険料は、夫婦が共同して負担したものであることを基本的認識として、請求により強制的に分割されるようになりました。

それまでの制度ではサラリーマンと妻は国民年金の基礎年金部分のみの受け取り予定で、40年加入して満期に月額7.9万円(平成21年度満額)程度の支給額です。

これでは老後の生活が心配です。

これからは若年離婚でも主婦として貢献を評価してもらって、話し合いで夫の将来の年金金額の一部を考慮してもらい慰謝料の話し合いをしてみましょう。

国民年金は国民の義務であり、そして、65歳から生涯にわたって年金を受け取ることができるので、重要な制度です。

小さな子供を抱えて離婚する方は、老後の暮らしや年金のことまで考えられないかもしれませんが、基礎年金の少なさを知って危機感を感じて、年金の仕組みを改めて学んでほしいと思います。

経済的な理由なので、国民年金保険料を納付することが困難な場合には、申請により保険料の納付が免除・猶予となる「保険料免除制度」があります。

役所窓口で「母子家庭で生活困難で…」と伝えるとその場で書いて簡単に申請できます。

また、インターネットで申請書をダウンロードして郵送して、申請も可能です。

払えない時にはどうか怖がらず、面倒がらずに免除申請をしてください。

将来に渡って、わが子を守るという意味でも年金についておろそかにしないでください。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です