子連れの離婚について

離婚はしない方が良いに決まっています。しかし、離婚をした方が幸せになると確信した時は、正々堂々と新しい人生を選んでください。可愛いお子さんとの幸せのために、胸を張って前進しましょう。あなたは、一人ぼっちではありません、多くの人たちが応援してくれます。

離婚届の記入の仕方と注意点は

離婚届の記入の仕方と注意点は

離婚届の記入の仕方と注意点は

このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚前の氏に戻る者の本籍」「未成年の子の氏名」の欄の書き方は

離婚の際は、結婚する時の姓を変えた方(多くは妻の場合)が籍を抜けるのが決まりになっています。

「夫」と「妻」のどちらが籍を抜けるのか、籍を抜ける方は「もとの戸籍に戻る」のか「新しい戸籍をつくる」のか、それぞれ選んでチェックを入れます。

この時、籍を抜ける方の親が子供を引き取る場合は「新しい戸籍をつくる」を選んでください。

一つの戸籍には3世代以上入れないという決まりがあるので、自分がもとの戸籍(自分の親が筆頭者)に戻ってしまうと、後で子どもの籍を自分と同じ籍に移すことができません。

籍を抜けても、婚姻中の姓を名乗ることは可能です。

その場合には「婚姻前の氏に戻る者の本籍」の欄に何も記入せず、「離婚の際に称していた氏を称する届」という用紙を別に提出します。

この場合もとの戸籍に戻ることはできません。

新しくつくる戸籍は、離婚届ではなく「離婚の際に称していた氏を称する届」に記入します。

離婚後3ヵ月以内であれば、後からでも提出できますが、本籍以外で提出する場合は、戸籍謄本が必要です(本籍地なら不要)。

離婚届と同時に提出すると手間が省けます。

次に「未成年の子の氏名」の欄は、「夫が親権を行なう子」「妻が親権を行なう子」のどちらかに、未成年の子どもの氏名を記入します。

●「届出人」「証人」の欄の書き方は

届出人の欄は、夫婦で別の印を使って捺印します。

協議離婚以外の場合は、どちらかの一方(調停申し立て人、または裁判の原告)だけが署名捺印すれば良いのです。

協議離婚の場合は、証人は必ず2名必要です。親や兄弟に頼む場合が多いのですが、20歳以上の人であればだれでも構いません。

どちらか一方の親夫婦など、同じ姓の2人が承認になる場合は、それぞれ別の印鑑を押してもらってください。

調停や判決離婚の場合は、証人は不要です。

●「養育費」「面会交流」の取り決め記入欄の書き方は

2012年4月より「養育費」と「面談交流」について夫婦間で事前に取り決めをしたかどうかを示すチェック欄ができました。

記載は任意ですので無記入でも受理されますが、話し合ってできるだけ記入しましょう。

なお、ここで「取り決めをしている。」にチェックを入れても、債務名義の代わりにはなりません。

強制力はないということです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です