子連れの離婚について

離婚はしない方が良いに決まっています。しかし、離婚をした方が幸せになると確信した時は、正々堂々と新しい人生を選んでください。可愛いお子さんとの幸せのために、胸を張って前進しましょう。あなたは、一人ぼっちではありません、多くの人たちが応援してくれます。

弁護士の費用について

弁護士の費用について

弁護士の費用について

このエントリーをはてなブックマークに追加

話し合いが当事者間でまとまらずに調停や裁判になる場合には、弁護士が必要になります。

その際に気になるのは費用のことですね。

相談や依頼内容によって、また弁護士事務所によっても異なりますがおおよそのところは、次のようになります。

●弁護士に掛るおおよその費用について

弁護士に相談する場合は、少なくとも30分当たり5,250円の相談料が掛ります。

実務を依頼する時は、内容に応じて、着手金・報酬金・手数料や実費を払います。

着手金は依頼時に支払う金で最初に必要になる前渡し金です。

報酬金は結果に応じて払う成功報酬で、裁判で完全敗訴となった場合の報奨金はゼロになります。

手数料は、契約書の作成など1回限りで完了する手続きについて支払うものです。

実費は、収入印紙代や交通費などといった経費です。

具体的には、着手金20~30万円+状況に応じた額と、報奨金20~30万円程度が目安となります。

ただし、実際に掛る金額は弁護士によって異なるので、相談時に見積もりを出してもらい検討しましょう。

◆弁護士との付き合い方を利用者のシングルマザーに聞きました

◎親戚に紹介された弁護士は離婚問題が専門外であったようで、何ヵ月もほったらかしされた。後で聞いたら離婚を専門にしている弁護士もいるということで、ちゃんと離婚のプロに相談すればよかったと思う。(Mさん)

◎DV(家庭内暴力)離婚だったのですが、オジサン弁護士はダメでしたね。「女のあなたが我慢すれば、丸くおさまる」と言われました。DVの場合には理解ある女性弁護士がいいと思います。(N子さん)

◎法律相談で知り合い頼んだ男性弁護士は、事務所なし、連絡なしなど、ひどかった。反省を生かして、有名女性離婚弁護士に相談数回。忙しいとのことで依頼はできなかったが、誠実な女性弁護士を紹介してもらえた。有名無名は関係ないかもしれないが、やはり名の売れた人は誠実に対応してくれると思う。(Oさん)

◎最初に相談の時は、自分の心情・決意・家庭関係・証拠などを前もってFAXして読んでもらっていたので、話がとても早く運びました。決意文書を書くということは、それからの行動を再認識するのによかったです。(Pさん)

【コメント】離婚成立まで気持ちが揺れる期間を付き合いする人です。安易に選ばずに、性格的に合っているかも考えて弁護士を選びましょう。法律の話は難しくて、「こんなことを聞いていいのかしら?」と躊躇することもありますが、わからなくて当たり前、わかるまで確認しましょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です