子連れの離婚について

離婚はしない方が良いに決まっています。しかし、離婚をした方が幸せになると確信した時は、正々堂々と新しい人生を選んでください。可愛いお子さんとの幸せのために、胸を張って前進しましょう。あなたは、一人ぼっちではありません、多くの人たちが応援してくれます。

子連れ離婚とお金の問題について
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 離婚後の生活を考えた時、一番気になるのがやはりお金の問題です。
  • 目先のことばかり考えずに、お子さんの進学などを良く考えて、プランを考えましょう。

子連れ離婚とお金の問題について

婚姻費用について

離婚する前に、子どもを連れて別居した時など、夫が生活費を渡さなくなるケースがあります。

そのような場合には、妻は夫に「婚姻費用」(生活費)を請求することができます。

同居や別居に関わらず夫婦には助け合う義務があるとされているので(民法760条)、夫の方に主な稼ぎがある場合は、夫は妻に婚姻費用を渡さなければなりません。

婚姻費用の額は夫婦で話し合って決めます。 (さらに…)

慰謝料(和解金)について

慰謝料とは、離婚の原因をつくった側が相手に「慰謝」(賠償金)として支払うものです。

離婚原因がはっきりしないような場合は、慰謝料は生じません。

最近では慰謝料の代わりに「和解金」という言葉を使うことがあります。

慰謝料というとどちらかが悪いのか白黒をつけるようなイメージで、払う側が気分良く受け入れない場合が有りますので、そのような時には「和解金」として話し合い、受け取るのも一つの方法です。

慰謝料(和解金)に金額は、夫婦で話し合って決められます。

夫婦で合意ができ、協議離婚することになった場合は、話し合って決めた内容を公正証書にします。 (さらに…)

財産分与については

財産分与とは、結婚中に夫婦が協力して築いた財産を分け合うことです。

分与の対象となるのは、預貯金や自動車、不動産、家具道具などといったモノです。

主な稼ぎ手が夫で、これらの名義が夫になっていたとしても、妻の協力があっての財産ですから、分与の対象となります。

また、年金も分与できます。

ただし、住宅ローンのように夫婦共同でつくったマイナスの財産(借金)も分与の対象になります。

結婚前からそれぞれが持っていた預金や、親からもらった財産やモノ、日常的に使っているモノ(洋服やバッグなど)、結婚中に勝手につくった借金などは、分与の対象になりません。

まずは、これらの財産分与の対象になるモノを一覧表にし、それぞれの金額(評価額)を計算し、夫婦で分け方を話し合いましょう。 (さらに…)

弁護士の費用について

話し合いが当事者間でまとまらずに調停や裁判になる場合には、弁護士が必要になります。

その際に気になるのは費用のことですね。

相談や依頼内容によって、また弁護士事務所によっても異なりますがおおよそのところは、次のようになります。 (さらに…)

弁護士費用が払えないような場合は

弁護士を頼みたいけれども、経済的に苦しくてお金が払えない場合は、「法テラス(日本司法支援センター)」に相談してみましょう。

法テラスでは「総合法律支援法」に基づき、法律上のトラブルを抱えた人を対象に無料法律相談(民事法律扶助相談)を行なっています。

この相談で「援助が必要」と判断されれば、弁護士費用を立て替えてもらうことができます。 (さらに…)

ひとり親家庭の子どもの養育費について

子どもを連れて離婚するにあたって最も心配するのがお金、生活費のことでしょう。

これからの人生、自分だけで子どもたちを養っていくことができるのであろうかと。

仕事をこれから探す場合など途方に暮れた気持ちになるかもしれません。

離婚後、自分と子供の人生で必要になるお金を準備の方法などを説明いたします。 (さらに…)

ひとり親家庭の保険について

子どもを引き取りとって、離婚後に自分が病気やけがで働けなくなった時や、万が一、自分が死んだ時のことも考えておかなければなりません。

家計に余裕のない状態で、どのような保険を選べばよいでしょう。

●病気になって入院した時のための保険は

入院や手術を受けた時に保険金が下りる「医療保険」には、一生保証が続く終身タイプと80歳までなどの期間が限定された定期タイプがあります。

今後は高齢者の医療費負担も増えていくので、ひとり親の場合も、終身タイプを選ぶ方が良いでしょう。

また、予定金利が低い今現在は、貯蓄タイプのものより、掛け捨てタイプを選んだ方が、掛け金を低く抑えられます。 (さらに…)

離婚時の年金分割について

2007年4月以降「離婚時の厚生年金分割制度」がスタートし、夫の厚生年金支払分の最大2分の1を、離婚時の話し合いにより妻が受け取れることができるようになりました。

また、2008年4月以降の離婚分割(3号分割)では、被扶養配偶者(第3号被保険者、いわゆるサラリーマンの妻)を有する第2号被保険者(厚生年金を天引きされているサラリーマン)が負担した保険料は、夫婦が共同して負担したものであることを基本的認識として、請求により強制的に分割されるようになりました。 (さらに…)

母子家庭での節約術を先輩シングルマザーに聞きました

◎親子交流が節約になります

○家族が少ないのと家が狭いのとで、一番快適な一部屋で一緒に寝起きすることが多く、結果的に光熱費の節約になっている気がします。(Aさん)

○お風呂は子どもと2人で一緒に入って光熱費節約。思春期なんて何のその、12歳ですけど、まだまだ一緒に入ります。(B子さん)

○触れ合いもかねて一家団体行動です。お風呂に入るのも寝るのも一緒です。電気代もかからずにマルです。(C子さん)

【コメント】というように家の中触れ合いも兼ねて何でも子どもと一緒。気がつくと光熱費の節約になっているというお話でした。 (さらに…)