子連れの離婚について

離婚はしない方が良いに決まっています。しかし、離婚をした方が幸せになると確信した時は、正々堂々と新しい人生を選んでください。可愛いお子さんとの幸せのために、胸を張って前進しましょう。あなたは、一人ぼっちではありません、多くの人たちが応援してくれます。

判決離婚の手続きと流れについて

判決離婚の手続きと流れについて

判決離婚の手続きと流れについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

調停でも離婚合意ができなかった場合や、審判が異議申し立てにより無効になった場合は、裁判になります。

調停を経ずに裁判を起こすことはできません(調停前置主義)。

原則として裁判は公開で行なわれますが、裁判所が不適当と判断した場合には、非公開とされる場合もあります。

●訴訟の起こし方から裁判の流れは

離婚を求める側が原告となり起訴を起こします。まず訴状を用意しますが、書式は家庭裁判所や裁判所のホームページで入手できます。

訴状には、離婚の原因や合意できない問題(親権や慰謝料)を記入する欄があります。

離婚自体は合意できているものの、他の問題で折り合えないという場合も、裁判の場合には必ず、認められる離婚原因が必要となるので注意してください。

訴状(2部)が完成したら、戸籍謄本とそのコピー、調停不成立証明書、収入印紙(金額は請求金額によるので裁判所に確認)、郵便切手(金額は裁判所に確認)、その証拠となる書類(源泉徴収票や預金通帳)のコピー(2部)とともに提出します。

提出先は、基本的には夫か妻のどちらかの居住地の家庭裁判所ですが、その他の家庭裁判所で調停を行った場合は、そこで受け付ける場合もあります。

また、裁判にはお金が掛ると思っている人が多いのですが、実際に掛るのは弁護士の費用です。

裁判自体に掛る費用は、訴状を出す時に添える収入印紙代くらいで、これは1万3,000円~10万円以内で済む場合がほとんどです(請求金額によります)。

裁判が始まってからは、弁護士と相談しながら対応していくことになるので、ここでは詳細な説明を省きます。

離婚原因を証明する証拠などを揃えて裁判に臨みます。

最終的に裁判官が離婚を認めれば「判決書」が出されるので、この謄本と「判決確定証明書」とともに離婚届を提出します。

もし、裁判の途中で両者が歩み寄って和解したり、相手が条件をのんだりした場合には、それぞれ「和解調書」「認諾調書」がつくられるのでこれらの謄本とともに離婚届を提出します。

なお、離婚の判決が出た場合も出なかった場合も、夫か妻のどちらかに不満があれば、高等裁判所に控訴することになります。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です