子連れの離婚について

離婚はしない方が良いに決まっています。しかし、離婚をした方が幸せになると確信した時は、正々堂々と新しい人生を選んでください。可愛いお子さんとの幸せのために、胸を張って前進しましょう。あなたは、一人ぼっちではありません、多くの人たちが応援してくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

悩み始めたらどこに相談すればいのか?

必要な相談窓口は…
  • 離婚は、最終的には自分で決めることですが、しかし、決意するまでには、様々な思いや迷いが巡ります。
  • 「離婚するしかない」「しょうがないから」という気持ちでは絶対に幸せになれません。
  • 「離婚しないと私は幸せになれない」という気持ちになるまでは、悩むのは当たり前です。
  • また、悩んで時間が掛る人もいます。
  • 迷っている時は一人で悩まないで、誰かに相談しましょう。
  • しかし、相談相手を間違えて傷つけられたり、嫌な思いをしないように、今あなたに必要な相談相手は誰なのかをよく考えましょう。
  • また、相談するのは一度で終わるものではありません。
  • 相談する相手の順番を間違えて相談に行くと無駄な時間や相談料を使ってしまい後悔することになりかねません。
  • 次のチェック項目をよく見て、優勢順位を決めて、何をどこの誰に相談したらスムーズにいくかを考えましょう。
離婚に関する相談先の確認チェック項目
  • □本当に離婚していいものか悩んでいる。…○心理カウンセラー○離婚カウンセラー
  • □無料で離婚の法律相談を受けたい。…○法テラス(日本司法支援センター/全国地方事務所※)○家庭裁判所の家事相談○行政の無料法律相談
  • □何はともあれ、たくさんの離婚情報を知りたい。…○女性センター(ほぼ全国各地にある、男女共同参画のための総合的施設※)○インターネット
  • □いろいろな人の考えを知りたい。…○友人、知人、家族○インターネット
  • □子どものことについて相談したい。…○学校の先生○スクールカウンセラー○児童相談所○警察の少年相談窓口
  • □ひとり親家庭支援について知りたい。…○福祉窓口○インターネット
  • □離婚に関する届や協議書などを作成したい。…○弁護士○司法書士○行政書士○公証人
  • □離婚後の就労情報を知りたい。…○女性センター○福祉窓口○ハローワーク
  • □家庭内暴力の相談をしたい。…○配偶者暴力相談支援センター(各地方※)
  • どこに相談していいのか?相談先の優先先の順位を考えてみましょう。
  • その他の相談先としてNPO法人が得意分野で相談を受けているところもあります。
  • 女性センターやインターネットで検索してみてください。

新着情報

2013年2月7日
姉妹サイト