彼に告白させる方法

もし彼の方から告白してくれたらどんなに素晴らしいでしょう。あなたが勇気を振り絞って告白しなくても、はじめから彼はあなたに夢中。

聞き上手が会話上手ってホント?

聞き上手が会話上手ってホント?

聞き上手が会話上手ってホント?

このエントリーをはてなブックマークに追加

合いの手だけでいいの?

聞き上手は会話上手と言われていますが本当でしょうか。

いいなと思う男性と話をする時、あなたは聞き役に回る方ですか?

「話が盛り上がらない」と悩んでいるなら、聞き上手の意味を間違えているかもしれません。

あなたの聞き上手のイメージはどんなものですか?

「へぇ、そうなんだ」と合いの手を入れながら相手の話を聞くことだと思っていませんか?

これは聞き上手とは言えません。

なぜなら、彼が一方的に話をしなくてはならなくなり、居心地が悪いと感じてしまうからです。

自分が話さないと間が持たないから、一生懸命話します。

その時、あなたの反応が、ずっと「へぇ」だったら、いいかけん疲れてしまいます。

本当の聞き上手とはどんなものでしょう。

聞き上手とは質問上手と言っていいでしょう。

合いの手を入れるだけの聞き上手ではなく、もっと積極的会話に加わるのです。

話す彼に対して、いい質問を投げることで、彼も楽しくなり会話が弾みます。

あなた自身のことを考えてみましょう。

一方的に話す人も、何も話さない人も苦手ではありませんか?

適度にあなたに質問を投げかけてくれる人とは会話が続くのではありませんか?

自分の事も話すけれど、あなたに話す機会をくれる人が話しやすい人だと思います。

彼もあなたと同じです。

ではどのように質問すればいいのでしょうか。

テレビのインタビュアーのような会話を求められているのではありません。

簡単な会話上手の秘訣は二つあります。

1つ目は相手に興味を持つこと。

「へぇ」で終わらず「なんで?」と思いながら話を聞くことです。

すると「へぇ、そうなの?じゃ、この場合はどうなの?」「ふーん。すごいね!でもなんでそう思ったの?」と、色々と聞きたいことが出てくるはずです。

彼の意外な面を沢山発見しようと思うことです。

2つ目は、あなたからまず話すことです。

軽い話題のジャブをあなたから投げかけます。

あくまでも「軽く」というところに注意してください。

そこから「で、あなたは?」と彼に振ります。

たとえば彼の趣味を聞きたい時にいきなり「趣味は何?」と聞いても、彼はどう話していいかわからないと思います。

で、手短に「野球かな」と答え、あなたは「そうなんだ~」と答えて、沈黙が流れてしまう…という展開が読めるようです。

こんな時は、あなたから「私、テニスが好きなの。高校の時から細々だけど、ずっと続けてるんだ。あなたは何か趣味がありますか?」と聞けば、彼も「草野球チームに入ってるよ。月一に試合してる。まあ、試合後の飲み会が楽しみなんだけどね」と、同じように返してくれるはずです。

ここで1つ目のテクニックを使います。

なぜ野球なのか?どのポジションなのか?もともと野球をやっていたのか?と聞きたいことが出てくるはずです。

「あなたも部活でやってたの?」と聞いてみると「リトルリーグから高校までやってた」と答えてくれます。

「へー!ポジションは?」「キャッチャーで5番。」「わぁ。カッコいい!あなたがリードするのが上手なのって、キャッチャーだったからか~。」と話が繋がっていくと思います。

この2つの秘訣だけで会話上手の仲間入りです。

あなたから話題を振ってから彼に聞く。

なぜ?と思いながら聞いてみるという二つです。

「へぇ」ではなく「なんで?」を心がけてください。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です