彼に告白させる方法

もし彼の方から告白してくれたらどんなに素晴らしいでしょう。あなたが勇気を振り絞って告白しなくても、はじめから彼はあなたに夢中。

会話で彼をときめかせよう

会話で彼をときめかせよう

会話で彼をときめかせよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとダメくらいがちょうどいい

いよいよデート

「どんな会話をしたらいいのかな?」と、緊張して自分らしく振る舞えない…と、心配と不安でいっぱいのあなた。

大丈夫です。

最初は、ちょっとダメなくらいでいいのです。

最初のデートから気合をいれて、肩肘はる必要はありません。

最初に100点満点で、だんだん、そうではなくなっていくというケースと、最初は普通かな?と思っていたけど、だんだん良い面が見えてきたという2つのケースの場合、後者の方がお付き合いに発展することが多いのです。

人の印象は、減点より加点主義というわけです。

色々なギャップが見えて、どんどん惹かれていくものです。

不良がちょっといい事をすると、とてもいい人に見えるようなものです。

最初は少しくらい失敗しても大丈夫。

気合を入れすぎず、自分が楽しく感じるのが一番という気持ちでデートしてみてください。

だだし一つだけ、話をして欲しい話題があります。

それはお互いの恋愛話です。

 具体的にイメージ

恋愛話をすることで、あなたと彼の恋のシュミレーションができるからです。

お互いに好きだった人の話をするので、その時の感情がよみがえり、その恋する気持ちで、目の前の相手を見る、恋愛感情が生まれやすいのです。

この時は、まちがっても別れ際の話はしないように注意して下さい。

「好きになったらどんな感じになる?」「片思いしたことある?」「どんなアプローチをするの」などなど、初々しい恋の話題にしましょう。

彼は、きっとその頃の気持ちを思い出し、目の前のあなたに答えながら、あなたがその相手のような錯覚をしていき、擬似恋愛の気分になっていきます。

このあと、あなたとのデートを思い出す時、この感情がよみがえり、あなたイコール恋愛感情になっていくというわけです。

もうひとつ、恋愛話をする理由はというと、過去の恋愛話を通して、目の前の相手と付き合ったらどうなるかということを想像できるからです。

彼女に優しかったのなら、あなたにも優しいでしょう。

彼もまた、あなたの話を聞きながら、付き合ったらどうだろうと想像します。

これはとても重要なポイントです。

具体的に想像できればできるほど、人はそれを欲しくなるからです。

コマーシャルでも、「新発売!」という商品よりも、具体的に「◯◯◯が×××に変わりました!」というキャッチフレーズの商品の方が欲しくなるはずです。

恋愛も同じです。

あなたと付き合ったら、どうなるのかと具体的に想像できるほうが付き合いたくなります。

ただし、恋愛経験の少ない方の場合は、親孝行の話がいいでしょう。

家族にやさしい人は好印象です。

自分にも優しくしてくれそうと思われるでしょう。

ここでの恋愛話で大切なことは、その話を聞いて、楽しそう、幸せそうと思えるかどうかです。

ドロドロした修羅場の話はNGです。

彼からそんな話を聞いたら、あなたはどうですか?ドン引きすると思います。

ですから、付き合ったら楽しそうという話題を選んで話すことです。

手料理を作った話、男性の友人関係や仕事に理解ある話など、男性にとって魅力的な内容を盛り込んでみてください。

親孝行の話は、「自分の親にも優しくしてくれそう」と思ってくれそうです。

そして、彼に聞いておきたいことがあります。

「彼の理想のお付き合い」です。

彼の過去の恋愛話から想像してみましょう。

もしわからなければ直接聞いてみます。

そしてその内容に対して、あなたは必ず彼に同調しておくのです。

彼にしてみれば、理想が一致することイコール、楽しいお付き合いが出来そうと、感じると思います。

初デートの時は、デートの場所、服装に気を使う人が多いのですが、それよりも、話題や雰囲気の方が大切だということがわかったと思います。

ここのところを参考に、ぜひ次のデートにつなげていきましょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です