彼に告白させる方法

もし彼の方から告白してくれたらどんなに素晴らしいでしょう。あなたが勇気を振り絞って告白しなくても、はじめから彼はあなたに夢中。

「好き」の有効活用って?

「好き」の有効活用って?

「好き」の有効活用って?

このエントリーをはてなブックマークに追加

辛くなるのは何故かしら?

あなたにとって、片思いは苦しい、辛いイメージですか?

とはいっても、人を好きになることは素晴らしいことです。

そして、彼に愛されようとしている状態が片思いなのです。

ですから、片思いは辛いものというイメージを捨ててください。

片思いを楽しむようにしていきましょう。

「そんなのは無理」と思いますか?

辛いと思うのは何故でしょう。

それは、悪い結果を想像しているからではありませんか?

彼があなたを好きじゃないという仮定のもとに辛くなっているのです。

片思いを辛いと考えている人は、「彼は私を好きじゃない」とネガティブな想像をしては苦しんでいます。

そんな状態で彼の前に出ても、自信を持って彼に最高のあなたを見せることはできないと思います。

人気者の秘訣

この辛さ、苦しみを、ワクワク気分に変えるマジックがあるのです。

とても簡単な方法です。

それは絶対に「彼が私を好きではない」という仮定をしないことです。

その仮定の代わりに、こう考えて下さい。

「もし彼が私を好きなら」と。

そんな脳天気なことは考えられませんか?

でも、そのほうがワクワクしますし、彼にも笑顔で接することができるのです。

異性に人気のある女性というのは、つまるところ「思い込みが激しい女性」といえるかもとれません。

もちろん容姿端麗、内面も素晴らしい女性だからモテる場合もあるでしょう。

しかし、普通の外見で、内面もごく平凡なのに、よくモテる女性は必ず存在します。

彼女たちには、このポジティブシンキングが身体のすみずみまで浸透しているのです。

「もし彼が私を好きなら」と仮定していると、連絡がなくても「照れているのね」と余裕で思えるのです。

ですから、彼に会ったときにも素直に笑顔で振る舞えるのです。

その余裕と魅力が男性を惹きつけていきます。

その逆に、美人で性格が良いのに男性運がない女性もいます。

そんな女性は、ネガティブ・シンキングがとても得意なのだと思います。

「彼が私を好きではない」という仮定から抜け出せないのです。

連絡がないときに「もう会いたくないのかな」「だれか好きな人ができたにちがいない」と考えてしまったら、彼に会った時に、嫌味を言ったり、笑顔になれなかったりすることでしょう。

同じように「彼が好き」という気持ちなのに、うまく気持ちを活用できないと、結果が天国と地獄に分かれてしまうのです。

あなたも今日からは「好き」という気持ちを有効活用しましょう。

「もし彼が私のことを好きなら」という仮定で、彼とあなたのこと想像してみましょう。

あなたの恋はきっとうまくいきます


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です